男性の気になる体臭「加齢臭」とは?原因と対策方法を徹底解説!

加齢臭を気にする男性

40代頃から徐々に気になってくる加齢臭。

歳を重ねるごとに起こる体の変化による体臭のため、誰にでも加齢臭が発生する可能性があります。加齢臭には個人差があり、強烈に臭う方もいれば、ほとんど臭わない方も。

今回は、男性特有の加齢臭の原因とその対策についてご紹介いたします。

加齢臭とはどんな臭い?

加齢臭に悩む男性

加齢臭は一般的に「古本や枯れ草のような臭い」「皮脂油と青臭さの混ざった臭い」がすると例えられています。ツンっとした臭いというよりも、「モワッ」とした印象を受ける人が多いようです。

人間の体は皮膚の潤いを保つために皮脂を分泌しているのですが、歳を重ねると皮脂中の成分が変化します。

皮脂に含まれる脂肪酸の一種「パルミトレイン酸」と、皮脂が酸化して生じる「過酸化脂質」が増加し、これらを酸化・分解される際に発生する物質「ノネナール」が加齢臭の主な原因です。

加齢臭はどこから臭う?

加齢臭が臭う体の部位は、皮脂の分泌が多い場所です。

頭・脇・耳周り・首の後ろはもちろん、背中やお腹などからも発生します。

30代で臭いが気になったら、それは「ミドル脂臭」かも!

頭が臭う男性

基本的に40代から発生する加齢臭ですが、中には30代で気になる・・という人もいます。
加齢臭と混同しやすいのが、「ミドル脂臭」です。

ミドル脂臭は、汗臭・加齢臭に次ぐ「第三の臭い」と呼ばれていて、使い古した油のような強烈な臭いがする男性特有の体臭です。

汗を作り出す汗腺の働きが低下すると、汗の中に乳酸が分泌されやすくなります。
そして、皮脂常在菌によって乳酸が分解されると「ジアセチル」という不快な臭い成分が発生します。

「ジアセチル」だけでも臭いのですが、プラスして皮脂に含まれる中鎖脂肪酸の臭いが混ざると、さらに臭いミドル脂臭となります。

ミドル脂臭は「頭部」から臭う

ミドル脂臭の原因「ジアセチル」が最も多く分泌される部位は、「頭部」です。

30代でも枕が加齢臭臭い・・と感じたことがある方も多いのではないでしょうか?
その場合、加齢臭ではなく「ミドル脂臭」の可能性があります。

就寝中は多くの皮脂が頭から分泌され、枕にダイレクトに付着し臭いの原因となります。

男の加齢臭対策!

洗濯物をする男性

男性の加齢臭対策として有効な方法をいくつかご紹介します。

食生活を見直す

動物性脂肪の取りすぎに注意し、酸化を抑制する食品が良いとされています。肉類や揚げ物は最低限にして、ビタミンCを含むフルーツ、ビタミンEを含むカボチャやアーモンド、またポリフェノールを含む豆乳やごまを積極的に取りましょう。

身体を清潔に保つ

加齢臭は皮脂が酸化して発生するので、こまめにケアして体を清潔に保つことが対策のコツです。
最近では体臭ケアに特化した制汗剤や汗拭きシートがあるので、上手に活用しましょう。

衣服の洗濯を見直す

加齢臭は衣服に蓄積します。1日着用した衣服は脱いですぐに洗濯するか浸け置きをしましょう。

洗濯物を放置すると加齢臭がどんどん繊維に沁み込んでいくので、脱いだらすぐに対処することが大切です。

また洗濯時に、少量のハイターや重曹を入れることで臭いが落ちやすくなります。

適度な運動を心がける

有酸素運動を行うと血行が良くなり、ベタベタした臭い汗ではなく、サラサラの臭いが少ない汗をかくようになります。

いつもより1駅前で降りていつもより多く歩いてみる、休日にジョギングをしてみるなど、少しずつ習慣化してみましょう。

生活習慣の改善で加齢臭予防を!

いい臭いの男性

臭いケアは生活週間の改善が大切です。
生活週間を改めると、臭いケアはもちろん、全身の健康のケアにも繋がります。

自分のペースで、出来ることから始めてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました