口臭の原因となるのは菌!?口内の清潔さが鍵!

口臭が気になると感じている方、多いのではないでしょうか。一度気になるとマスク越しでも臭いがするのでは?などと考えてしまいますよね。

そんな口臭の原因の1つは「口内細菌」。
この細菌がなんとも言えない口臭を作り出しています。今回はそんな口臭の発生の原因菌とその予防対策についてご紹介します。

口臭の原因は口の中にあり

口臭の原因の一つは、口の中の細菌です。

成人の口の中には多くの細菌が生息し、歯をよく磨いてもこの細菌は存在していると言われています。細菌が口の中の食べカスや、口の中の粘膜から剥がれた細胞に含まれるタンパク質を分解することで、口臭を発生させています。

口臭の主な原因物質

口臭と呼ばれる臭いニオイの原因物質は主に3つあります。

タマネギの腐ったようなニオイは「メチルメルカプタン」、にんにくを食べた後のようなニオイは「ジメチルサルファイド」、卵の腐ったようなニオイは「硫化水素」です。

これら3つが混じり合うことで、口臭の不快なニオイが発生します。

口臭を予防するためには

口臭を予防するためには、口臭の原因となる口内の細菌を減らすことが大切です。
口内の細菌を繁殖させないためには、口内を清潔に保つことが重要です。

そして食べるものによって発生してしまうニオイ(ニンニクなど)は、マスキングをすることでニオイが軽減されます。

リンゴを食べる、カテキン入りのお茶を飲むなども臭いニオイの軽減をサポートします。そしていつもの歯磨きはもちろん、歯間ブラシを使用し、口の中の食べカスを溜めないように小まめにお手入れをしたり、マウスウォッシュを併用など必要に応じてケアを行いましょう。

口臭予防に良い食べ物はこちらの記事でも紹介しています。

口臭予防に良い食べ物と悪い食べ物とは?

日々の口臭ケアでキレイな息を

いかがでしたか?
今回は口臭の原因となる原因菌についてのご紹介でしたが、あのなんとも言えないニオイが細菌によるものだったとすると、口の中を清潔に保つことがとても重要であるということがわかります。

また、口内の細菌だけではなく生活習慣や体調も口臭に関係しています。

寝不足、ホルモンバランス、腸内環境などによって、発生している可能性もあるため、まずはケアを行い、軽減されない場合は原因を探ってみましょう。

口臭予防ケアのお供に「ディスメル」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: product_01_200924-edited.png

出先でなかなか歯磨きができない、すぐにケアしたいという時は噛んだり舐めたりできるタブレットタイプのディスメルもおすすめです。

ディスメルは「パンシル」を配合したエチケットケアサプリメント。「パンシル」とは、柿果実から抽出されたカキタンニンを応用して作られた天然のニオイケア成分です。

大切な時に、お水がないと飲めないという事態を回避するため、水なしでOKのチュアブルタイプを採用しました。お口の中をスッキリさせたい時にも使用できるようにグレープフルーツ味でお作りしています。

毎日のブレスケアのお供に是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました