口臭の原因とは?臭いが強くなるタイミングを知って口臭対策をしよう!

寝起きの息を気にする夫婦

人それぞれに体臭があるように、口の中にも匂いがあります。
これを生理的口臭と言います。

この生理的口臭が、病気や口内環境が原因となり、他人に不快な気持ちを与えることがあります。
これが、口臭です。

口臭の原因とは?

不快な口臭のほとんどは、剥がれ落ちた口内粘膜のカス、唾液、食べカスなどに含まれるタンパク質が、口内の細菌により分解される過程で発生するガスによるものです。

口臭の元なるガスには主に3つの種類があります。

硫化水素

舌苔(舌の汚れ)から主に発生

メチルメルカプタン

歯周病や歯周ポケットから主に発生

ジメチルサルファイド

特定の食品摂取(ニンニク系など)から主に発生

口臭が強くなるタイミングとは?

唾液の分泌が減った時

口臭は、唾液の分泌量に影響されます。
唾液には口内を洗浄・自浄する力があります。

唾液が減って口の中が乾燥すると、
タンパク質を分解する口内の細菌が増えるので口臭もきつくなります。

起床時、しばらく食事をしていない時

睡眠中は唾液腺が刺激されず、唾液の分泌が減ってしまうことに加え、
口呼吸や水分不足で口の中が特に乾燥しやすい時です。

寝起きは、口臭が最も強いと言われています。

また、長時間食事をしていない時も、唾液の分泌量が減り口臭が強くなる傾向があります。

1日の口臭の強さの変動について

緊張などによってストレスを感じている時

唾液の分泌量が、自律神経が調整しています。

体や心がリラックスしている時は唾液の分泌が増加し、
緊張やストレスを感じている時は唾液の分泌量が減少します。

口内環境の悪化

口内環境の悪化によるトラブルは、口臭の大きな原因の1つです。

舌苔

舌苔とは、舌に付着した白っぽい汚れのこと。
口臭を引き起こす細菌やタンパク質を多く含んでいます。

毎朝1回、舌苔のケアを行いましょう。
舌苔の正しいケアの方法はこちらの記事でご紹介しています。

歯周病

口の中に溜まっている歯垢は、タンパク質と口内細菌の集まりです。
炎症が起こっており、多量のタンパク質が分解されて強い口臭が発生します。

口臭ケアのお供に「ディスメル」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: product_01_200924-edited.png

ディスメルは、消臭成分「パンシル®️」を配合。
大注目の柿果実から抽出されたカキタンニン(柿渋)を応用して作られた天然のニオイケア成分です。

大切な時に、お水がないと飲めないという事態を回避するため、水なしでOKのチュアブルタイプを採用しました。お口の中をスッキリさせたい時にも使用できるようにグレープフルーツ味でお作りしています。

毎日のブレスケアのお供に是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました