コーヒーが口臭の原因に?予防と対策について

コーヒーは独特の味や香りが魅力的で、集中力や気力を高める働きがあります。
毎朝1杯のコーヒーを飲むことが習慣になっているなんて方も多いはず。

そんなコーヒーですが、飲み過ぎると口臭の原因になることはご存知でしょうか?
今回は、なぜコーヒーが口臭の原因になるのか、またコーヒーによる口臭の対策方法についてご紹介します。

コーヒーが口臭の原因になる理由は?

コーヒー

コーヒーが口臭の原因になる主な理由は、大きく分けて3つあります。

コーヒー豆の微粒子

コーヒーの中には、コーヒー豆の微粒子が含まれています。
この微粒子は舌の表面に付着しやすく、放置されると臭いの原因となります。

コーヒーのカフェインによる利尿作用

コーヒーを飲むとトイレが近くなるのは、コーヒーに含まれているカフェインによる利尿作用によるものです。

カフェインを摂取すると、利尿作用の働きによって体内の水分量が減少します。
そのため、唾液の分泌量が少なくなり口内が乾燥します。

口内が乾燥すると細菌が増えて、口臭が悪化してしまうのです。

コーヒーによって口腔内のPHが酸性になるから

コーヒーは酸味成分が含まれており、口腔内のPhを酸性にします。酸性が強い状態だと口腔内の細菌が増え、口臭を悪化させる原因の1つとなります。

コーヒーによる口臭の対策方法って?

それでは、コーヒーによる口臭の対策方法について紹介いたします。

水を飲む

コーヒーと一緒に水を飲むことで、カフェインによる利尿作用で奪われた水分を補うことができます。また、舌の表面に付着したコーヒー豆の微粒子を流すことにも効果が期待できます。

舌磨きをする

コーヒーを飲んだ後に、舌磨きをすることで、コーヒーによる口臭を抑えることができます。しかし、舌磨きのやりすぎは舌の表面を傷つけることもあるので、力加減や頻度は注意が必要です。

舌磨きの頻度や注意点については、こちらの記事で詳しく説明しています。

ガムを噛む

ガムを噛むことによって、唾液の分泌が促すことができます。

カフェインの利尿作用によって低下した唾液の分泌量を増加させることに繋がり、口腔内の乾燥による口臭の悪化を防ぐことができます。

口臭対策で、コーヒーのある暮らしを楽しもう

コーヒーを飲む女性

いかがでしたでしょうか。

正しい対策を行うことで、コーヒーによる口臭は抑えることができます。
コーヒーをこれからも楽しむために、コーヒーによる口臭の原因を理解し、しっかり対策を行いましょう。

口臭は自身では気づきにくいもの。
セルフチェックの正しい方法もご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

口臭ケアのお供に「ディスメル」

ディスメルは「パンシル」を配合したエチケットケアサプリメント。「パンシル」とは、柿果実から抽出されたカキタンニンを応用して作られた天然のニオイケア成分です。

大切な時に、お水がないと飲めないという事態を回避するため、水なしでOKのチュアブルタイプを採用しました。お口の中をスッキリさせたい時にも使用できるようにグレープフルーツ味でお作りしています。

毎日のブレスケアのお供に是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました