疲労で足が臭くなる?気になる足の臭いの原因とは

靴を脱いだらなんだか嫌な臭いが・・ということありませんか?汗をかきやすい季節はもちろん、立ち仕事の後や歩き回った後、女性の方はブーツなどを履いて蒸れた後など、様々な場面で臭いを感じますよね。特に外出先で靴を脱がなければいけない場面だと、足の臭いが気になって脱ぎたくない人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「足の臭い」についてお話しします。

足の臭いは雑菌のせい

足の臭いの原因は雑菌の繁殖によるものです。もともと人の皮膚にはさまざまな種類の菌が存在していますが、その中には良いはたらきをする菌と悪いはたらきをする菌があり、後者を雑菌と呼びます。

足の汗、皮脂、垢などは雑菌の大好物。これらを取り入れて分解する時に発生するのが独特な足の臭いです。

足の裏は汗腺が多いため1日にかく汗の量はコップ1杯分とも言われています。また、雑菌は高温多湿で繁殖しやすく靴や靴下を履いて蒸れている状態はより足の臭いが発生しやすくなります。

足の臭いが発生しやすくなる要注意行動

同じ靴を履き続ける

お気に入りの靴は頻繁に履きたくなりますが、毎日同じ靴を履く方は要注意。続けて履くほど雑菌が繁殖する原因となります。一度履いた靴は最低3日は履かないようにすると臭いを軽減することができます。

また合皮などの通気性が良くない素材の靴を履いた場合は、蒸れた状態が続くため臭いが発生しやすくなります。

ストッキングやタイツを履く

ストッキングやタイツは基本的には通気性が良くないため、雑菌が繁殖しやすくなっています。仕事上避けられないという方は、5本指タイプのストッキングや防臭効果のあるストッキングを選ぶと良いでしょう。

急に出先で靴を脱がないといけない時は、消臭スプレーなどでケアするのもおすすめです。

脱いだ靴下などを放置する

帰宅して脱いだ靴下やストッキングを洗濯せずに放置していませんか?放置していると雑菌が繁殖し、同時に臭いも強くなってしまいます。さらに、放置しすぎると臭いが取れなくなるだけではなく、一緒に洗濯する物にも臭いが移る場合があります。

脱いだ靴下やストッキングはできるだけ早く洗濯するようにしましょう。

角質ケアをしていない

靴を履いたり歩いたりすることで摩擦が起きて、角質が厚くなるといわれています。角質自体が臭うことはありませんが、角質が厚くなると菌が角質を分解するため、あの嫌な臭いが発生します。

軽石などでこすったり専用のピーリング液で溶かしたり、厚くなった角質のケアは定期的に行うようにしましょう。

疲労をため込む

疲れと臭いに何の関係があるの?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、ストレスや疲労がたまると「疲労臭」が発生します。この疲労臭はアンモニアを含み、消臭剤などでも消すことができないと言われています。

規則正しい生活を送ることや、ストレスをため込まないようにリラックスできる時間を日々作るなど日頃から心がけるようにしましょう。

毎日の習慣づけで臭い予防を

いかがでしたか?普段から気を付けるだけで臭いの軽減ができるので、心がけてみてくださいね。

足の臭いだけではなく口臭についてもこちらで紹介しているので、是非チェックしてみてください。

口臭が気になる方が気をつけるべき5つのポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました