腸内環境と口臭の関係とは?便秘が口臭につながる原因と対策

便秘の時になんだか口臭が気になったことはありませんか?

便秘が続いている場合、実は口臭がキツくなることがあります。お通じが関係しているなんて少し不思議に感じますよね。今回はそんな腸内環境と口臭についてお話します。

便秘が口臭の原因となる理由

お通じが定期的にある場合は、食べたものは体外に出ていきます。しかし腸内に便がたまった状態が続くと、悪玉菌が増え有害物質が発生します。

この有害物質は、腸に吸収され血液の中に溶け出して全身に回ります。その血液が肺まで運ばれると、呼吸の際に口から外に出ていくため、口臭がキツくなります。また、同様にこれが汗として出た場合には体臭の原因にもなります。

長期間に渡るほど有害物質が多く発生するため、口臭予防として日頃から便秘にならないようにすることが大事です。

腸内環境を整える3つのポイント

便秘の解消のために、腸内環境を整えることが大切です。ここでは3つのポイントをご紹介します。

食生活の改善

1日3食しっかり食事を摂りましょう。また、食物繊維を多く含む食べ物や乳酸菌を含む物を積極的に取り入れると便秘の解消につながります。

食物繊維には水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と水に溶けやすい「水溶性食物繊維」の2種類があるため、両方を適度に摂り入れるのが良いでしょう。

「不溶性食物繊維」はキャベツやレタス、ほうれん草、エリンギ、大豆など、「水溶性食物繊維」はわかめやひじき、らっきょう、大葉など。両方を多く含むものには、ごぼうや人参、キウイ、なめこ、納豆などがあります。

また、水分不足も便が出にくくなる要因となります。普段から水をこまめに飲むことも心がけると良いでしょう。

適度な運動

日頃から運動をして、腸の動きを活発化させましょう。激しい運動ではなく、ご自身が無理なく続けられるのが大切です。例えばウォーキングは血液の巡りが良くなり、腸の動きを促進させてくれます。1日30分程度、軽く汗をかくぐらいが最適です。

外での運動が難しい場合は、室内で簡単にできるマッサージや体操、ストレッチなどを取り入れるのも有効です。

ストレスを溜め込まない

外出した時や旅行の際に急に便秘になるということはありませんか?ストレスによって自律神経が乱れると、便秘を起こしやすくなります。

腸はリラックス状態の時に活発に動くので、ストレスを溜め込まないことが便秘解消にもつながります。一日の終わりは湯船につかるなど、ご自身の取り入れやすい方法でリラックスできる時間を作ってみてください。

なんか口臭いなと思われないために

いかがでしたか?

口内ケアをするだけではなく、腸内環境を整えておくことが大切です。今回紹介した3つのポイントを参考に、便秘にならないように普段から心がけましょう。

下記の記事で口臭の原因となるNGな生活習慣についてもご紹介しています。

【すぐに対策できる】口臭の原因になるNGな生活習慣とは?

口臭ケアのお供にディスメル

ディスメル

ディスメルは「パンシル」を配合したエチケットケアサプリメント。「パンシル」とは、柿果実から抽出されたカキタンニンを応用して作られた天然のニオイケア成分です。

大切な時に、お水がないと飲めないという事態を回避するため、水なしでOKのチュアブルタイプを採用しました。お口の中をスッキリさせたい時にも使用できるようにグレープフルーツ味でお作りしています。

毎日のブレスケアのお供に是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました