朝起きたばかりの口臭が気になる!寝起きの口臭の原因と対策

口の中が乾燥したりなんだかネバネバしたり‥寝起きの口内って不快に感じますよね。同時に口臭が気になるという方も多いのではないでしょうか?

1日の中で一番口臭がキツくなるタイミングが起床時と言われています。今回は寝起きの口臭がキツくなる原因と対策についてお話します。

なぜ寝起きは口臭がキツくなるの?

朝起きたら口の中が乾燥してカピカピという経験ありませんか?寝起きの口臭がキツくなるのは、寝ている際に唾液の分泌が減り、乾燥した状態が続くことで口内の細菌が増えてしまうためです。

唾液に含まれる抗菌成分が細菌の増殖を抑えてくれますが、寝ている間は食事やおしゃべりなど唾液を出す行動をしないため、細菌がどんどん増えてしまうのです。

寝起きの口臭を抑えるための対策

1日の中で一番口臭がキツくなるとはいっても、できるだけ抑えたいですよね。寝起きの口臭予防対策をして臭いを軽減させましょう。

歯磨き

口の中に食べかすや歯垢が残った状態だと、細菌が増殖する原因となります。夜寝る前の歯磨きはしっかりと行うように心がけましょう。

水分補給

体内の水分が不足することで口の中が乾燥し口臭の原因となります。お水を飲んでから寝るようにしましょう。コップ1杯分程度を飲むのがおすすめです。

舌磨き

舌の表面に付着している舌苔は、厚くついてしまっていると口臭の原因となります。

舌苔は細菌や食べカス、口腔粘膜の剥がれた上皮などが舌の表面に付着してできた白い苔状の塊です。1日1回舌磨きで落とすようにしましょう。舌磨きの方法についてはこちらの記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

【知っておきたい】口臭の原因、舌苔とは?正しい舌磨きの5つのポイントを徹底解説!

飲酒や喫煙を控える

アルコールには水分を奪い取る働きがあるので、お酒を飲むと口の中が乾燥して、細菌が繁殖しやすくなります。また、タバコに含まれるタールやニコチンは血行を悪くする働きがあるため、その結果、唾液の分泌が低下し口臭が出やすい体質になってしまいます。寝る前の飲酒や喫煙はなるべく控えましょう。

口臭予防ケアのお供に「ディスメル」

ディスメルは、消臭成分「パンシル®️」を配合。
大注目の柿果実から抽出されたカキタンニン(柿渋)を応用して作られた天然のニオイケア成分です。

大切な時に、お水がないと飲めないという事態を回避するため、水なしでOKのチュアブルタイプを採用しました。お口の中をスッキリさせたい時にも使用できるようにグレープフルーツ味でお作りしています。

毎日のブレスケアのお供に是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました