気になる口臭はうがいで対策できる!?効果的なうがい方法とは

うがいをする男性

口臭が気になった時に、手軽にできる対策の一つが「うがい」です。

うがいは根本から口臭を治すことには繋がりませんが、一次的に気になる臭いを和らげるには効果が期待できます。

今回はなぜうがいで一時的に口臭が和らぐのか、また効果的なうがいの方法をご紹介いたします。

なぜうがいで一時的に口臭が和らぐの?

口内には、1,000~2,000億個もの細菌が生息すると言われています。
それらの細菌が、口内の剥がれ落ちた細胞や食べカスを食べる際に発生するガスが、口臭の原因の一つです。

この細菌は口内が乾燥すると増えやすいため、うがいをして口内を濡らすこと、また洗い流すことで細菌の増殖を抑えることが期待できます。

口臭の発生について、こちらの記事で詳しく説明しています。

口臭に効果的なうがい方法とは?

うがいには、喉元でおこなう「ガラガラうがい」と、口内でおこなう「ブクブクうがい」の2種類があります。

口臭の対策として有効なのは、口内でおこなう「ブクブクうがい」。
口臭の発生源である細菌や、細菌のエサとなる食べカスなどを洗い流しましょう。

ブクブクうがいの方法

うがいをする男性

うがいによって強い水流を作り出し、口内の汚れや殺菌を洗い流すのがポイントです。
1回のうがいで口に含む水の量は20~30ml程度です。

水を含んだら、上下の歯を噛み合わせた状態で頬や唇を動かし、水流ですき間の汚れをかき出すようにうがいをする

前歯と唇、奥歯と頬の間のスペースにも水を流し込み、汚れを落とす

①〜②を10秒〜15秒行ったら水を吐き出す

①〜③を4,5回行う

口臭ケアのお供に「ディスメル」

ディスメル

うがいの後は、いつでもどこでもサッと食べられるサプリメントを併用してケアするのがオススメ。

ディスメルは「パンシル」を配合したエチケットケアサプリメント。「パンシル」とは、柿果実から抽出されたカキタンニンを応用して作られた天然のニオイケア成分です。

大切な時に、お水がないと飲めないという事態を回避するため、水なしでOKのチュアブルタイプを採用しました。お口の中をスッキリさせたい時にも使用できるようにグレープフルーツ味でお作りしています。

毎日のブレスケアのお供に是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました