夏バテが口臭につながる?暑い時期こそ口臭予防を!

毎日の暑さで体がだるい、なんだか気持ちが悪い‥など、夏場は体の不調を感じやすいですよね。その夏バテ、実は口臭の原因にもなっています。

今回は夏に口臭が発生しやすい原因と口臭予防についてお話します。

夏バテで口臭が発生!?その理由とは?

夏は1年のなかで一番口臭を感じやすい季節ともいわれています。気をつけていないと、いつの間にか口臭がキツくなっているかもしれません。

夏場、特に口臭の原因となりやすい理由をお話します。

汗をかくため

汗をかくことは口臭に関係してきます。

汗をかくことにより、体内の水分量が減少します。それにより唾液の分泌が減り、口内が乾燥し細菌が増えるため、口の臭いが強くなります。体調管理の上でも夏場の水分補給は重要ですが、口臭予防の意味でもこまめに水を飲むことが大切です。

食事の変化

夏の暑さで食欲がなくなるという人も多いのではないでしょうか?あまり食べたくないからといって、噛まずに飲み込める食事ばかりを摂っていると口臭がキツくなっているかもしれません。

食べ物をよく噛むことで唾液の分泌量は増加します。逆に噛まずに飲み込めるものは唾液の分泌が少ないため、口臭を引き起こしやすくなります。

ストレスによるもの

ストレスは季節問わずに感じるものですが、夏は暑さによってより強くストレスを感じます。

唾液の分泌量は自律神経によって調整されています。そのため、心身がリラックスしている状態では唾液は多く分泌され、逆に緊張やストレス状態で減少してしまいます。

暑くて気分が優れない夏こそ、リラックスできる時間をつくることが大切です。

唾液の分泌量をキープするために

夏は暑さによって様々な要因から、唾液の分泌量が減少してしまいます。口臭予防には唾液の分泌を促す行動を心がけましょう。

よく噛み、よく飲み、よく話す

唾液を多く出すには、食事に気をつけるのも効果的です。また、できるだけ多く会話をするというのも良いでしょう。

口臭に良い食べ物、悪い食べ物はこちらの記事でも紹介していますので参考にしてみてください。

口臭予防に良い食べ物と悪い食べ物とは?

口臭ケアのお供に「ディスメル」

ディスメル

ディスメルは「パンシル」を配合したエチケットケアサプリメント。「パンシル」とは、柿果実から抽出されたカキタンニンを応用して作られた天然のニオイケア成分です。

大切な時に、お水がないと飲めないという事態を回避するため、水なしでOKのチュアブルタイプを採用しました。お口の中をスッキリさせたい時にも使用できるようにグレープフルーツ味でお作りしています。

毎日のブレスケアのお供に是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました