【知っておきたい】口臭の原因、舌苔とは?正しい舌磨きの5つのポイントを徹底解説!

舌磨きをする男性

口臭は、舌についた汚れである舌苔が大きな原因の1つです。

そこで今回は、舌苔とは何か、また舌苔による口臭の改善に効果的な舌磨きの5つのポイントについて徹底解説いたします!

舌苔とは?

舌苔は、細菌や食べかす、口腔粘膜の剥がれた上皮などが舌の表面に付着してできた白い苔状の塊です。

舌の表面には舌乳頭という細かい突起がたくさんあり、この間に食べかすや口腔粘膜の剥がれた上皮などがたまり、細菌の住処になっています。

舌苔のつき方は人によって様々。
体調や胃腸の調子が優れないと舌苔が増えることもあります。

また同じ人でも時間帯や体調によってつき方が異なることもありますが、このような差がなぜ起こるのか、理由は詳しく分かっていません。

一説としては、咀嚼・嚥下活動やそれに伴う舌の運動や唾液の分泌量と大きく関連していると考えられています。

舌苔はなぜ口臭の原因になるの?

口臭を気にする男性

口の中の細菌が、食べかすや剥がれた口腔粘膜に含まれるタンパク質を分解する際に、口臭の原因となる『揮発性硫黄化合物』を作るのです。

そのため、口臭の元となる舌苔を取り除くことで口臭を予防することができます。

歯磨きの後に!正しい舌磨きの方法とは?

舌磨きをする際に気をつけてほしい!5つのポイントをご紹介いたします。
正しい舌の磨き方を理解してスッキリクリアな息を目指しましょう。

舌磨き5つのポイント

舌磨きは1日1回、朝がオススメ!

舌磨きを1日1回以上行うと、舌の粘膜を傷つける恐れがあります。

朝は唾液の分泌量が少なく、舌苔が溜まりやすいと言われているため、朝の歯磨き時に行うと良いでしょう。

鏡を見ながら舌磨きを行う

舌苔が付着している部分だけ、舌磨きを行うようにしましょう。

舌ブラシや毛先の柔らかい小児用の歯ブラシを利用する

毛先が硬い歯ブラシで舌磨きを行うと、舌の粘膜を傷つける恐れがあります。
決して力を入れ過ぎないように優しく行ってください。

舌ブラシは「舌の奥から手前」に

舌ブラシの方法

ブラシを前後に動かしたり、手前から奥に向かって動かすのはNG!
舌の粘膜が傷ついてしまいます。

嘔吐反射を防ぐには、数秒息を止めると良し◎

舌の奥にブラシを当てたいときは、数秒息を止める、もしくは舌を思いっきり前に出して行うのがコツです。

口臭ケアのお供に「ディスメル」

ディスメルは、消臭成分「パンシル®️」を配合。
大注目の柿果実から抽出されたカキタンニン(柿渋)を応用して作られた天然のニオイケア成分です。

大切な時に、お水がないと飲めないという事態を回避するため、水なしでOKのチュアブルタイプを採用しました。お口の中をスッキリさせたい時にも使用できるようにグレープフルーツ味でお作りしています。

毎日のブレスケアのお供に是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました